toggle

会社概要

 [茉莉花社とはどんな会社か]

茉莉花というのは英語でいうと、ジャスミン。原産地はインド方面らしいが、アジアの大陸部に広く分布している。花はいい匂いがする。わたしの出版社=編集プロダクションの名前は茉莉花社というのだが、この花の名前が所以である。

茉莉をマリ、またはマツリと読む。この会社はわたしがまだマガジンハウスにいたときに別途で作家活動をする、つまり副業をするために作った会社だった。

茉莉花社の創立は1993年だったから、もう設立して25年がたつことになる。創業の詳しい経緯というのは、じつはある出版社から「シオザワさん、本を書いてみませんか」という話があって、やってみようかと思ったところから始まる。そのころは中国の古代社会に夢中になっていて、『論語』とか『老子』とか『春秋』とか『戦国策』というような、漢籍ばかり読んでいた。
そのときに本にしてみたいと考えたのが、揚子江流域原産の植物、稲や竹、梅、桜、その他のさまざまの植物が日本文化の基層を作った、という話で、『雲南花伝』という表題の原稿を書こうと思いたち、中国の最南部に当たる雲南を中心にした地域を何度か取材して歩いた。この、わたしに最初に作品の執筆を勧めてくれた出版社は青〇社といって、担当編集者はとっくの昔にやめてしまったが、出版社自体はいまも存在している。
近現代の詩人たちの作品に出て来る茉莉の花がどういうものか知ったのは、そんなふうに中国の揚子江流域の研究に夢中になっていて、現地を取材しているころだった。そして茉莉の花を茶葉に混ぜた〈茉莉花茶〉というものの存在を知った。これも香りを飲んでいるようで美味しかった。

わたしは詩が好きで、いろんな詩集を読んできているのだが、何人もの詩人たちが、この茉莉花を自分の作品のなかで詩にしている。
神原有明の「茉莉花」(まつりか)はこういう作品。

隻脚の詩人、安西冬衛の「軍艦茉莉」
(こちらはまりと読む)。

有明の「茉莉花」は官能的で、安西の「軍艦茉莉」は幻想的。

二作とも好きな作品で、茉莉花社というのは、ここから社名にした。人によって、マリハナとかマリカとか読む人もいる。また、吉本ばななに「マリカの永い夜」という作品があり、人名としてカタカナのマリカが登場するがこれももともとは漢字表記の[茉莉花]をマリカと呼んだのではないかと思う。このほかに『夏の思い出』という尾瀬の歌を書いた江間章子にも茉莉花を主題にした作品がある。
古代中国の文化伝播の話(照葉樹林文化の話)を書こうと思っている最中に、会社から「シオザワくん、マガジンハウス創業50年の記念出版物を執筆してくれないか」といわれて、『平凡パンチの時代〜失われた60年代を求めて〜』という本を書いた。
これが新聞とかテレビに取り上げられ、いろんな形で話題になってこの本をきっかけにして、わたしはノンフィクション作家として社内外で認められるようになっていったのである。

茉莉花社はこぎれいでオシャレな名前だと思うが、人によって読み方が違うのが欠点。わたし自身は[まつりかしゃ]と読んでいる。若いころからワンマンアーミーを心がけてきたが、本作りのパートナーとして河出書房新社を選んだ幸運もあって、ここまでなんとかやってきている。

わたしがマガジンハウスをやめてからもう17年になる。やめたあと、いろいろな形で仕事したが、仕事のベースはこの茉莉花社に置いて一人だけでやってきた。もういままでに、かれこれ、40冊か50冊くらいメイド・イン・マツリカシャの本を作っていると思う。全容は昭和の大衆文化について書いたものが多いのだが、あちこち手を出しているので、もう正確には、把握できない。中国の古代の文化と日本とのつながりを本にする、そのことを考えて作った会社だが、そういう関係の本はまだ、一冊も作れていない。この話は別途であらためてするが、いずれ、『雲南花伝』という本を書くつもりでいる。

 

◆塩沢 幸登