toggle

出版物

◆塩澤幸登 著作・編集作品 リスト

★2002年以降の主な出版物のリストです。
(A)は著者・塩澤幸登(または弓永重明)で出版。
(B)塩澤が編集者として仕事したもの、
(C)執筆代行、いわゆるゴースト・ライターとして仕事。編集も担当。
(D)は塩澤の装丁&デザイン
(E)は外部依頼の装丁・デザイン作品です。
◆は茉莉花社の出版物。◇は他社が版元の作品。

※[アジアン・リゾート シリーズ全五巻]
◇(ABD)2002年1月『BALI HIDEAWAYS〜バリ・ハイダウェイズ〜』
◇(ABD)2002年5月『VIETNAM〜ベトナム・トラベル・ブック〜』
◇(ABD)2003年4月『DEEP THAI〜タイの奥へ〜』
◇(ABD)2003年4月『DEEP ASIA〜アジアの奥へ〜』
◇(ABD)2003年8月『MALAYSIATRAVELBOOK〜熱帯の極楽リゾートへ〜』
*発行・アップフロントブックス 発売・ワニブックス
*編集プロダクションとして仕事。
*弓永重明のペンネームで執筆。撮影は娘の塩沢槙(カメラマン)。

※身体・健康テーマ本
○作家仕事
◇(ABE)2004年3月『上手に年をとる・健康ヒント100』本の泉社刊
○性教育評論家高柳美知子シリーズ作品(茉莉花社) *塩澤幸登の代筆
◆(BCD)2004年4月『セックス抜きに老後を語れない』高柳美知子著
◆(BCD)2004年12月『高齢恋愛〜ラスト・ラブを求めて〜』高柳美知子著
◆(BCD)2006年8月 『60歳からの豊かな性を生きる』高柳美知子著
◆(BCD)2008年10月『マリッジ・アゲイン』高柳美知子著

※北星堂書店創業90周年企画シリーズ すべて北星堂書店より刊行。
◇(BE)2004年6月『冒険女王奮闘記』大高未貴著 230頁
◇(BCE)2004年6月『愛のくいしんぼう物語』松田ゆり著 230頁
◇(BE)2004年6月『21世紀改造』新田義孝著 222頁
◇(BCE)2004年6月『日本新生』末吉竹次郎著 222頁
◇(BE)2004年6月『花のエチュード』森ミドリ著 254頁
◇(BE)2004年11月『賢女生活』陣内紀惠著 218頁
◇(BE)2004年12月『愛をください』春日美奈子著 248頁

※日本映画 黒澤明三部作(茉莉花社)、ほか。 *著者名は塩澤幸登
◆(ABD)2005年3月『KUROSAWA①〜演出 録音 記録 編〜』 606頁
◆(ABD)2005年7月『KUROSAWA②〜映画美術 編〜』704頁
◆(ABD)2005年11月『KUROSAWA③〜撮影現場+音楽編〜』640頁
◇(AE) 2009年2月『黒澤明 大好き!』やのまん刊 248頁

※中央公論新社委託販売出版社 マーブルトロン版元作品
◇(AE)2005年3月『Tokyo&Kyoto 隠れ家喫茶案内』 141頁
◇(AE)2005年6月『和家具三昧〜下北沢・山本商店物語〜』 111頁
*いずれも半分カラー印刷のフォトブックです。

※百瀬博教 関連作品
◆(ABD)2006年4月『MOMOSE〜伝説の用心棒 不良のカリスマ〜』680頁
◆(BD)2006年9月『スノードームに魅せられて』四色本 96頁
◆(BD)2006年10月『MOMOSE HIROMITI SOUVENIR PHOTO BOOK』
* 四色本 272頁 定価一万円 非売品 発行部数三千部
◇(BCE)2007年7月『裕次郎時代』344頁 版元・WAC
◇(BD)2007年7月『昭和不良写真館』四色本 272頁 版元・WAC
*『MOMOSE HIROMITI SOUVENIR PHOTO BOOK』を改題。
*百瀬博教の葬儀では、葬式本としてこの本が配られた。

※塩沢 槙(フォト&ライター)東京ガイド・シリーズ
◆(BD)2007年2月『東京プチ・ヒーリング〜東京ステキBOOK〜』塩沢槙著 四色本
◆(BD)2009年4月『東京ノスタルジック喫茶』塩沢槙著 309頁
◆(BD)2010年9月『東京・横浜リトルカフェ物語』塩沢槙著 349頁
◆(BD)2011年7月『東京ノスタルジック喫茶②〜郷愁の喫茶店を求めて〜』塩沢槙著 285頁

※旅もの バリ島、ヨーロッパがテーマ
◆(BD)2007年6月『バリ島月光亭の日々』四色本 羽鳥裕之著 207頁
◆(ABD)2007年10月『海のバリへ〜BALI BEACH ブック〜』 四色本
◇(BD)2010年8月『幻の旅路〜1978-1984 ヨーロッパ一人旅〜』大湾節子著 640頁
*話の泉社から刊行された。著者はLA在住の老婦人カメラマン。

※プロレス本
◆(ABD)2008年8月『UWF戦史①〜誕生勃興編〜』640頁
◆(ABD)2009年8月『UWF戦史②〜新生UWF復活編〜』720頁
◆(ABD)2010年11月『UWF戦史③〜崩壊分裂編〜』640頁
*この系列は2015年以降執筆の『格闘者』シリーズにつづく

※椎根 和(元マガジンハウス『Hanako』創刊編集長)関連作品
◆(BD)2009年2月『オーラな人々』 286頁
◆(BD)2012年10月『完全版 平凡パンチの三島由紀夫』 496頁

※マガジンハウス関連もの
◆(ABD)2009年12月『平凡パンチの時代〜希望と苦闘と挫折の物語〜』504頁
*1996年にマガジンハウスから出版したものを再編集した作品。
◆(ABD)2010年5月『「平凡」物語〜めざせ百万部 〜岩堀喜之助と雑誌平凡〜』764頁
◇(ABD)2011年3月『昭和の美人女優〜雑誌平凡 秘蔵写真集』384頁 マガジンハウス刊
*創業社主岩堀喜之助生誕百年記念 元・平凡編集長の高木清氏との共著
◆(ABD)2013年6月『雑誌の王様〜清水達夫と平凡出版とマガジンハウス〜』640頁
◆(ABD)2014年4月『編集の砦〜平凡出版とマガジンハウスの一万二千日〜』560頁

※日本史、日本の伝統文化がテーマのもの
◆(BD)2010年6月『家紋主義宣言』西村昌巳著 350頁
*著者は元慶應大学学生新聞(一本木新聞)主幹の中年フリーター。

※野球、サッカーなどスポーツもの
《野球》
◆(BCD)2011年4月『19歳の甲子園〜昭和31年高校野球熱闘譜』長島康夫著 256頁
◆(ABD)2011年8月『王貞治の甲子園〜昭和30年代早稲田実業激戦譜〜』302頁
◆(ABD)2012年4月『死闘〜昭和37年阪神タイガース〜』445頁
《サッカー》
◇(ABD)2014年4月『南ア戦記〜20100526−20141701日本代表激戦譜』352頁
*版元 メトロポリタンプレス

※格闘家 前田日明 関連書籍
◆(ABD)2015年4月『格闘者〜前田日明の時代〜①青雲立志篇』 552頁
◆(ABD)2016年3月『格闘者〜前田日明の時代〜②臥龍覚醒篇』 608頁
*三部作の予定です。
◆(BCE)2017年12月『前田日明が語るUWF全史(上)』276頁
◆(BCE)2017年12月『前田日明が語るUWF全史(下)』284頁

 

※石川次郎プロデュース作品 ハーバー研究所  小柳昌之 評伝
◆(ABD)2016年4月『北の男〜第一部 激流篇〜』496頁
*三部作の予定です。

★Aは著者・塩澤幸登、Bは塩澤の編集、Cは執筆代行、Dは塩澤の装丁、Eは外部依頼の装丁。